RSS | ATOM | SEARCH
緩和ケアセミナーに出席してきました
 長野赤十字病院主催の、「北信緩和ケアセミナー2011」(9/18-19)に参加してきました。
リリカ・トラマールの位置づけ、フェントスとデュロテップとの使い分け、食欲不振・倦怠感に対する漢方薬の有用性などを知りたいというのが参加の動機でした。
当初期待したものとは異なった内容ではありましたが、熱意を持って教えてくれた講師の方々やサポートしてくれた方々、熱心な他の参加者の真摯な姿勢のおかげで、濃厚な2日間を疲労感と満足感をもって終えることができました。
すっかり忘れていた癌性腹膜炎に対するサンドスタチン、知らなかった呼吸困難に対するモルヒネの有効性、何度経験しても困惑するせん妄、良く分かっていなかった緩和ケアの地域連携など数え上げればきりがありませんが、得られたものは多岐にわたりました。
がん治療認定医として、少しでも貢献していきたいと改めて感じました。
ちなみに下記は最後にいただいた終了証書ですが、こいうものをいただくのは何歳になってもうれしいものだと思いました。
author:tsururoclin, category:-, 06:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://brog.tsurutauroclin.com/trackback/12